カテゴリ:秋・時候( 10 )


2014年 09月 09日

My Opening Farewell

f0100234_14595924.jpg




当たり屋のロクの遺影のパナマ帽


触れあふて親しからずや心太


螢火の消えて人差し指残る


水のないプールに一人桜桃忌


雨雲へむかふ電車やひめぢよをん


客引きの背の大汗と行く奈落


色町の眠りのなかに半夏生


トンカツの断面さくら色の夏


帰省子の小さきタトゥーが胸の上


背に水の欠片鏤めプール出づ


真夜中のプールの底に千の鍵


夕立の去りてガソリン色の空


夕暮れて水の匂ひや夏の果


秋立つや金糸銀糸の帯に鳥


朝霧の野より微かに電子音


初秋や砂鉄を拾ふ棒磁石


遠ざかる軽き杖音処暑の風


サルビアの蜜永遠の昼休み


流星や舌に転がす金平糖


金剛の杖立てかけて白露かな


吊革に万の指紋や法師蝉


人一人逝きて九月の雨よ降れ


沈黙をうつす無月の水たまり


美しきものに死顔秋澄みぬ


十六夜の海へ一艘旅立たす



[PR]

by takeuma777 | 2014-09-09 15:04 | 秋・時候
2013年 10月 11日

Letter from Home

Letter from Home

f0100234_1715569.jpg

生身魂鼻毛伸ばしておはしけり

百日紅遺影の肩に星一つ

さはやかや一人で食べる磯辺巻

秋水で顔を洗つてしまふとは

秋澄むや畳んでしまふ万国旗

秋口の猫へ裏木戸開け放つ

うたた寝の母の湯呑みへ秋の風

放蕩の叔父の早世木の実独楽

芋の葉や広き額の廬舎那仏

風立つやどこかに鹿のゐるらしく

あきてふのはねをつくろふきぬのほし

襟元の鳥の刺繍や涼新た

星々の神話かなしき夜食かな

新宿は鉄の味するハイボール

右の手をのばすかそけき声の秋

人妻をのせて木馬のまはりだす

異星人来るなら鈴虫の鳴く夜

月光の蛇口に吸いつく口二つ

色町をぬけて鉄路に朝の月

溜息の後の沈黙ラフランス

深爪をなめて花野は雨模様

秋の水とはオフィーリアの揺るる手

秋澄むや天子は鳥に囲まれて

f0100234_17192185.jpg


More
[PR]

by takeuma777 | 2013-10-11 17:27 | 秋・時候
2012年 08月 18日

ありがとう

ありがとう
f0100234_16363570.jpg


横顔は母に似てをり花石榴

今朝秋の空行くものの影二つ

剃り残しあり初秋の喉仏

新涼のシャツにソースの染み少し

おやすみといふあいさつの涼しさよ


f0100234_16374680.jpg


More
[PR]

by takeuma777 | 2012-08-18 16:38 | 秋・時候
2011年 10月 30日

終りの季節

電柱は今日も直立秋気澄む
f0100234_17531589.jpg


More
[PR]

by takeuma777 | 2011-10-30 17:53 | 秋・時候
2011年 10月 17日

大阪ラプソディ

f0100234_18203976.jpg


とほくより声そらみみか秋風か

雁渡る暮色となりし法善寺

 都さん
さはやかに花の名前をこたへけり

天高し全世界的即席麺

 ルプママさんより手水のレクチャーを受ける
お手水に作法ありけり薄紅葉

漆黒のソースに波紋秋深し

鳥渡る遺影にうつる空青し

渡り鳥まだ来てをらぬ茶臼山

ゆつくりと熟るる赤き実秋日和

よく笑ふ人ばかりゐて青蜜柑

ごぼ天のごぼうに秋の光かな

大坂は坂のある町ばつたんこ

宵月や五重塔へたもとほり

らうめんで〆る宴や星流る

More
[PR]

by takeuma777 | 2011-10-17 18:22 | 秋・時候
2010年 11月 02日

Perspective

十月の空よりこぼれおつるもの
f0100234_18255529.jpg
ああ、もう十一月なんですね……
こっちはちょっと違うバージョンです♪
[PR]

by takeuma777 | 2010-11-02 18:26 | 秋・時候
2010年 10月 28日

Martha My Dear

さはやかに猫背の長女あくびせり
f0100234_2247820.jpg

こっちはちょっと違うバージョンです♪
[PR]

by takeuma777 | 2010-10-28 22:47 | 秋・時候
2010年 09月 09日

I Loves You Porgy

新涼の夜の歯磨きさらさらと
f0100234_1831055.jpg

例年、涼しくなってくると、
ちょっと悲しい気がしていましたが、
今年は素直にうれしいです。
それにしても、昨日の雨はよかったですね。
大雨に弱い関東地方の鉄道各線はかなり混乱していたみたいですが、
涼しいと電車の遅れも気にならないような……
こっちはちょっと違うバージョンです♪
[PR]

by takeuma777 | 2010-09-09 18:46 | 秋・時候
2009年 09月 04日

美しい人よ

愛しきもの愛しき九月の風のなか

(はしきものはしきくがつのかぜのなか)

f0100234_21211548.jpg●「美しい人よ」  大貫妙子

  雲が流れる高い空  どこか遠くを歩きたい
  なくしてた心を求め  幸せを歌いたい

 JR東日本「その先の日本へ」キャンペーンのCMソングでしたね。この哀愁を帯びたメロディに、遠い記憶をお持ちの方もいるのでは? そう、チャップリンの「街の灯」のテーマなのですね。映画でのクレジットでは、音楽もチャップリン自身によるもとのとされていますが、もともとはラケル・メレが歌ったホセ・パディリャの作品を、チャップリンが気に入って、映画に使ったというのが本当のところのようです。ということで、この曲のクレジットは、「作詞:LOPEZ EDUARDD MONTESINOS、日本語詞:大貫妙子、作曲:SENCHEZ JOSE PADILLA」となっています。
 まあ、そんなことはともかく、どこか知らない場所が自分を待っていてくれるような、そんな気になる曲なんです。ああ、秋の風に吹かれながら旅に出たいなあ(笑)。 
 『Tchou(チャオ!) 』(1995年)収載

■九月(くぐわつ)

 9月なのに、なぜかタンポポが絮をたくわえていました。今年の不安定な気候ゆえのことなのでしょうか。秋風はうれしいけれど、なんとなく夏を体感しないまま秋になったのは、ちと不満です。まあ、いまさら暑くなられても困るけど(苦笑)。
[PR]

by takeuma777 | 2009-09-04 18:00 | 秋・時候
2009年 08月 22日

On Golden Pond

オーボエや水面撫でゆく秋の風

f0100234_18504522.jpgf0100234_1851193.jpg

























f0100234_18531822.jpg
●「On Golden Pond (Theme From ' On Golden Pond')」  Dave Grusin

 先週、久しぶりに牛久沼に行きました。穏やかな風の吹く夕方の湖畔を歩いていたら、ヘンリー・フォンダの遺作となった「黄昏」を思い出しました。ヘンリーとキャサリン・ヘプバーンにオスカーをもたらしたこの映画は、老いた父と娘の確執と和解をテーマとした佳作で、不仲だった娘のジェーン・フォンダが娘役を務めたことでも話題でしたが、公開時高校生だったボクは、そんなテーマよりもなによりも、映画の舞台となったニューイングランドの静かな湖畔の美しい風景にただただうっとりして、仕事もしていないくせにいつかリタイヤしたら、湖の畔で暮そうなんて思ったりしていたのでした。まあ、今のボクにはたまに訪れる牛久沼で十分なのかもしれませんが……(苦笑)。 
『CineMagic』(1987年)収載

■八月(はちぐわつ)

 明日から8月も最終週ですね。ああ、なんか仕事ばっかりの夏だったなあ(苦笑)。遊ばないから楽しい句ができないんじゃないかと思ったりもして。とはいえ、今年の後半戦も片付けなきゃいけないことが山積み。でも、大丈夫です。かなり面白そうなことができそうなので。
[PR]

by takeuma777 | 2009-08-22 18:00 | 秋・時候