タケウマ・フォト五七五

takeuma777.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:夏・植物( 8 )


2012年 05月 20日

Leaves That Are Green

Leaves That Are Green

f0100234_1935371.jpg


眠たげな青葉のなかの若葉かな

青々と水の走れる青田道

水音の近づいてくる青田かな

青蓮院門跡青葉闇之中

爪の先ほどの憂鬱青葡萄

堕天使の腕に刺青花菖蒲


f0100234_19354866.jpg


More
[PR]

by takeuma777 | 2012-05-20 19:38 | 夏・植物
2010年 07月 24日

Knockin' on Heaven's Door

人魂のひとつは私凌霄花
f0100234_1456436.jpg


同僚のご尊父逝去。追悼十三句

  片蔭や三三五五に黒き服

  「田中家」の札の軽さよ炎天下

  南風喪章揺らして吹きゆけり

  炎昼や黒犬の舌赤赤と

  鯨幕南風にも白と黒

  夏の闇木魚のリズムうねりたる

  棺には「野球図鑑」と百合の花

  弔砲の消えゆく夏の空仰ぐ

  日盛りの居酒屋扉閉ざしをり

  ファミレスのメニューに冷酒の文字の無

  献杯のビールどうにも水つぽく

  人魂のひとつは私凌霄花

  夏の夕また雑踏の人となる

ん、追悼になってないなあ……(苦笑

こっちは違うバージョンです♪
[PR]

by takeuma777 | 2010-07-24 14:58 | 夏・植物
2010年 07月 21日

ペパーミント・ブルー

青葉闇少女の見入るガラス玉
f0100234_2043627.jpg


この暑さで日向のものは、なにかゆがんでいるように見えますが、
日影の植物はけっこうイキイキしていますね。あ、人もそうか……(苦笑

こっちは違うバージョンです♪
[PR]

by takeuma777 | 2010-07-21 20:09 | 夏・植物
2009年 06月 06日

雨は手のひらにいっぱい

水たまり四葩うつして雨の色

f0100234_17462928.jpg
●「雨は手のひらにいっぱい」  シュガー・ベイブ

 山下達郎さんが作った歌の中では、一番好きな曲かも。

  はね上がる水たまり よけて通る事も できずにいる僕は
  走り去るバスの煙 消えるのを見てる
  雨は手のひらにいっぱいさ そうさ僕の心の中までも
  行くあてもない街で 空はどこも同じ 泣き顔を見せてる
  あたたかい安らぎは 今はまだ遠い
  雨は手のひらにいっぱいさ そうさ僕の心の中までも

 内省的な歌詞なのに、なぜかカラッとした気分になるのは、フィル・スペクター風のアレンジの賜物かもしれません。今日あらためて聴いたけど、やっぱりいいなあ♪

「SONGS」(1975年)収載


■紫陽花(あぢさゐ) 四葩(よひら)、七変化

 再び登場の紫陽花です(笑)。
 これも上野公園のどこかに咲いていたものですが、
 だからなに? って感じですよね(苦笑)。
[PR]

by takeuma777 | 2009-06-06 18:00 | 夏・植物
2009年 06月 05日

Rain

猫のひげ濡らす一粒青時雨

f0100234_18571721.jpg
●「Rain」  The Beatles

 雨の歌は多いけれど、雨の情感が感じられない歌ナンバー1はこの曲でしょう。

  雨が降ったってボクは気にしないよ
  太陽が出れば天気がいいってだけのこと
  教えてあげるよ 雨が降り出したって
  何も変わらないんだよ

 なんだかすっきりしないお天気が続いていますね。東京も午後から雨が降り出しました。明日の予報も雨。何も変らないということはないと思うけど、まあ、雨また楽しと思うことにしますか(笑)

1966年、「Paperback Writer」のB面としてリリース。


■青葉(あをば) 青葉寒、青葉雨、青時雨、青葉時雨

 今回、横位置の写真をアップしようと思ったのですが、スクロールしないで一つの記事が読めるという(ひそかな)原則が崩れてしまって、縦位置写真に変更しました(苦笑)。

 ※横位置は、こっちにアップしました♪
[PR]

by takeuma777 | 2009-06-05 18:00 | 夏・植物
2009年 06月 04日

Tout tout pour ma chérie

紫陽花のひそかにこぼす虹の色

f0100234_211901.jpg

●「Tout tout pour ma chérie」  Michel Polnareff

 熊本ラーメンの店で、太肉(ターロー)麺をすすっていたら、懐かしいメロディが流れてきました。日本では、1971年に大ヒットしたシェリーに口づけ。フレンチ・ポップの貴公子、ミッシェル・ポルナレフのナンバーですが、いい曲って古くならないのね。レンゲを振りながら、いっしょに口ずさんでしまったりは、やはりできないなあ。一応大人だから(笑)。
 しかし、うどんすきの次はラーメン屋……、なんか、もっと雰囲気のあるところに行けないものでしょうか……。しかも、食べてばっかりだし……(苦笑)。
1969年、シングルのB面としてリリース


■紫陽花(あぢさゐ) 四葩(よひら)、七変化

 紫陽花の季節ですね。
 って、こちらも前回と同じように始まっていますが、本当にあちこちで咲いているのだから、仕方がないですよね。
 今回の紫陽花は、上野公園のどこかに咲いていたものですが、そんなこと書いたって、この写真からは何も分からないですね(苦笑)。
[PR]

by takeuma777 | 2009-06-04 18:00 | 夏・植物
2009年 05月 31日

Ribbon in the Sky

薔薇濡らしまどろむ雨を見てをりぬ

f0100234_17274910.jpg

●「Ribbon in the Sky」  Stevie Wonder

 ちょっと前のこと、大阪の友だちが上京したときに、大阪でおいしいと評判のうどんすきのお店に連れて行ってもらったのですが、歌舞伎町にあるその支店は、庶民的な本店とは違ってダイニングバーみたいな内装で、ちょっと安っぽい高級感が漂っていて、おばちゃんがあれこれ世話を焼いてくれる本店とは雰囲気が違い過ぎると友だちは怒っていましたが、うどんもうどんすきもとても美味しく、舌もおなかも満足だからいいよねと帰り支度をしようとしたら生バンドが演奏を始めて、途中で音響が気に入らないのかボーカルのお姉さんが歌うのを止めて腕組みするのを見ながら、なんでうどんすきの店でスティーヴィー・ワンダーなんだろう???と疑問符がたくさん夜の空へと飛ばしながら帰ってきたのでした。
『Stevie Wonder Original Musiqarium I』(1982年)収載

■薔薇(ばら) 薔薇(さうび)、紅薔薇、白薔薇、薔薇園

 薔薇の季節ですね。意識しているからでしょうか、本当にあちこちで見かけます。でも、この花は難しいですね、きれいに撮るの。どう撮っても、なにか大事なところを見逃しているような気になるんですよね。なぜか……(苦笑)。
[PR]

by takeuma777 | 2009-05-31 18:00 | 夏・植物
2009年 05月 06日

First of May

眠る子の鼻ぴくぴくと若葉風

f0100234_14191089.jpg
●「First of May」  The Bee Gees
 CDの整理は、すでに放棄されています(苦笑)。続きは、来年の連休まで持ち越しとなりました。しかし、いつの間にか増えてしまうものなのですね。かみさんは、本といっしょに、ブックファーストに引き取ってもらえと言っていますが、いや、こうして聴くこともあるのよ、たまには……
 ところで、ボクの持っているビージーズのベスト盤には、「メロディ・フェア」が収載されていませんでした。多分、輸入盤だからなんでしょうね。日本では、あんなに流行ったのにね。チェッ。
『Odessa』(1969年)収載

■若葉(わかば) 谷若葉 里若葉 若葉風 若葉雨 など
 
 連休も今日までですね。5月6日は、祝日でもないのになんで休みなのだろう?と疑問に思っていたのですが、どうも振替休日のようですね。
 「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とするという法律があるそうです。今年は5月3日の「憲法記念日」が日曜日に当たるのですが、翌4日は「みどりの日」だからダメで、翌々日の5日は「こどもの日」だからダメで、翌々々日の6日が振替となっているようです。そうか、今日は「憲法記念日」の分の代休ということですね。まあ、どうでもいいけれど。
[PR]

by takeuma777 | 2009-05-06 18:00 | 夏・植物